Clinical Lab Services – Internationally Standardized Testing – LabPMM2022-05-17T02:36:58+00:00
臨床検査サービス

国際的に標準化された検査

臨床検査サービス

国際的に標準化された検査

LabPMMがグローバルに展開する臨床サービス

InvivoscribeのLaboratory for Personalized Molecular Medicine® (LabPMM® ) は、患者のケアに非常に重要となる新規および自社独自のバイオマーカーについて国際的に標準化された検査を提供しています。

LabPMMがグローバルに展開する臨床サービス

InvivoscribeのLaboratory for Personalized Molecular Medicine® (LabPMM® ) は、患者のケアに非常に重要となる新規および自社独自のバイオマーカーについて国際的に標準化された検査を提供しています。

次世代シーケンシング(NGS)癌パネル

次世代シーケンシング(NGS)癌パネル

染色体異常の細胞遺伝学的な同定は、白血病患者の臨床管理に不可欠となっており、現在は患者をリスクグループに分類するのに役立てられています。

染色体異常の細胞遺伝学的な同定は、白血病患者の臨床管理に不可欠となっており、現在は患者をリスクグループに分類するのに役立てられています。

マルチパラメーターフローサイトメトリーパネル

LabPMMのマルチパラメーターフローサイトメトリー(MFC)パネルは、NGS検査を補完し、正確な結果比較が行えるように臨床試験を効率化します。

マルチパラメーターフローサイトメトリーパネル

LabPMMのマルチパラメーターフローサイトメトリー(MFC)パネルは、NGS検査を補完し、正確な結果比較が行えるように臨床試験を効率化します。

血液リンパ系スクリーニングパネル – MFC

急性骨髄性白血病(AML)微小残存病変(MRD)アッセイ – MFC

将来的な開発サービス

マルチパラメーターフローサイトメトリーパネル

マルチパラメーターフローサイトメトリーによる多発性骨髄腫の最小残存病変(MFCによるMM MRD)

(CD38、CD138、CD27、CD56、CD28、CD45、CD19、CD20、CD117、CD81、細胞質カッパ、および細胞質ラムダ)

マルチパラメーターフローサイトメトリーによる慢性リンパ性白血病(CLL)の最小残存病変(MFCによるCLL MRD)

(CD3、CD5、CD19、CD22、CD24、CD43、CD45、CD79b、CD81、およびCD160)

マルチパラメーターフローサイトメトリーによるB細胞急性リンパ性白血病(B-ALL)の最小残存病変(MFCによるB-ALL MRD)

(CD123、CD45、CD19、CD34、CD38、CD10、CD22、CD58、CD66C、CD9、CD13、CD33、およびCD20)

医薬品開発のためのカスタム免疫発現型検査パネル

顧客のニーズに応じたマーカー

MRD NGS検査

MRD NGS検査

LabPMMのMRD検査は、NGSベースのアッセイであり、B細胞およびT細胞のほぼすべての抗原受容体遺伝子座において、診断時に同定されたクローン性遺伝子再構成の検出に使用できます。

LabPMMのMRD検査は、NGSベースのアッセイであり、B細胞およびT細胞のほぼすべての抗原受容体遺伝子座において、診断時に同定されたクローン性遺伝子再構成の検出に使用できます。

LabPMMのマルチパラメーターフローサイトメトリー(MFC)パネルは、NGS検査を補完し、正確な結果比較が行えるように臨床試験を効率化します。

標的遺伝子

標的遺伝子

FLT3アッセイとNPM1アッセイは、標的となる遺伝子変異を検出するために提供されています。

FLT3アッセイとNPM1アッセイは、標的となる遺伝子変異を検出するために提供されています。

次世代シーケンシング(NGS)クローナリティ検査

次世代シーケンシング(NGS)クローナリティ検査

免疫細胞の発生と成熟の過程では、免疫グロブリン(Ig)とT細胞受容体(TCR)の遺伝子座の独自の遺伝子再構成プロセスにより、遺伝的に異なる膨大な数の細胞が生成されます。

免疫細胞の発生と成熟の過程では、免疫グロブリン(Ig)とT細胞受容体(TCR)の遺伝子座の独自の遺伝子再構成プロセスにより、遺伝的に異なる膨大な数の細胞が生成されます。

コンパニオン診断(CDx)検査

コンパニオン診断(CDx)検査

FLT3(FMS様チロシンキナーゼ3)は、急性骨髄性白血病(AML)で最もよく見られる変異遺伝子の1つであり、診断時に患者の約30%に発生しています1。一般的には、患者に標準的な再発リスクがある場合に正常細胞遺伝学と関連していますが、FLT3遺伝子変異は、疾患再発の高リスクと関連する染色体異常を持つ患者のサブグループでも確認されています2-3

FLT3(FMS様チロシンキナーゼ3)は、急性骨髄性白血病(AML)で最もよく見られる変異遺伝子の1つであり、診断時に患者の約30%に発生しています1。一般的には、患者に標準的な再発リスクがある場合に正常細胞遺伝学と関連していますが、FLT3遺伝子変異は、疾患再発の高リスクと関連する染色体異常を持つ患者のサブグループでも確認されています2-3

カスタムアッセイ

カスタムアッセイ

FDAが各検査室独自に調整された薬事未承認検査(LDT)の薬事規制監督を大幅に拡大する意向を発表したことを受けて、Invivoscribeは世界中の検査室と提携し、LDTのFDA承認のアッセイへの変換を支援します。これは、新しいアッセイをオンラインで提供する際に障壁となるのは、リソースの確保や検証のコストであることが多いと考えているからです。

FDAが各検査室独自に調整された薬事未承認検査(LDT)の薬事規制監督を大幅に拡大する意向を発表したことを受けて、Invivoscribeは世界中の検査室と提携し、LDTのFDA承認のアッセイへの変換を支援します。これは、新しいアッセイをオンラインで提供する際に障壁となるのは、リソースの確保や検証のコストであることが多いと考えているからです。

Title